12週未満 流産 届出

日本産科婦人科学会では、妊娠22週未満(妊娠21週6日以内)の胎児が娩出(べんしゅつ)されることを「流産」と定義しています。 さらに、流産の中でも妊娠12週未満の流産を「初期流産」と呼び、妊娠12週-妊娠22週未満の流産を「後期流産」と呼びます。 12週を超えた胎児は、 未成熟ではありますが、 人としての器官は一通り備えています。 12週未満での流産は特に初期流産とか早期流産と言いますよね。 堕胎においても 12週未満は初期堕胎として掻爬手術 … しかし、12週未満の死産児の場合は正式には「流産」となる為、【死亡診断書】の類は一切発行されません。 「死産」は法律上【人】として認識された状態、「流産」は【人】として認識される前の状態といったところです。 死産届の必要書類と手続き. 日本では、妊娠12週以降の死産(流産・中絶)の場合、役所へ「死産届」を提出しなければならないことになっています。 赤ちゃんでも、葬儀を行い、火葬し、骨を骨壷に入れるというのは、大人の葬儀の … 妊娠第 12週以降の胎児を死産 (流産、中絶も含む)した場合、 その日から7日以内に 、届出人の所在地、死産のあった場所いずれかのある役所へ、死産届を提出しなければいけません。.