法人 社会保険 未加入

2016年1月から実施されるマイナンバー制度。それに先立ち、個人番号だけではなく法人番号の通知も始まっています。法人番号が指定されることで企業にとってどんな影響があるのでしょう。中でも特に気になる、社会保険加入との関係についてご説明します。

法律上、社会保険(健康保険及び厚生年金保険)の加入が義務づけられている事業所は 1.株式会社などの法人 2.一部の業種を除く従業員5人以上の個人事業所 となっています。これらを法律上、強制適用事業所といいそこで働く労働者は原則として社会保険の被保険者となります。 社会保険の未加入が発覚してからでは手遅れになってしまいますし、もしも未加入の場合であれば、早急に加入することをおすすめします。 今回は、社会保険に未加入の場合のリスクについて、またはそれが発覚した場合に生じる罰則などについて、解説していきます。 【労務コンサルタント執筆】社会保険への加入義務がありながら社会保険料の支払いから逃れるために未加入のままでいる事業所が非常に多く問題になっています。平成27年以降、厚生労働省は社会保険未加入の事業所に対する指導を強めてきています。

社会保険の未加入事業者は数多く存在していますが未加入の場合のリスクについてはあまり知られていません。そこで今回は社保未加入の場合のペナルティについて公開します。 法人は社会保険加入が義務です。近年、社会保険加入指導が強化され、抜け道を模索していた社長は考えを改めなければいけません。今回は、社会保険未加入、保険料未納時に会社が受ける罰則、追徴金の …