成年後見人 相続 権利

相続手続きの際には遺産分割協議を行いますが、未成年者は自分で遺産分割協議に参加して権利行使するということができません。 未成年者については、遺産分割協議のための代理人が必要になります。 成年後見制度の利用で、認知症などで判断能力の衰えた親の財産を守ったり、医療や福祉サービスを利用させたりすることができます。ただし、デメリットもあるため事前知識が重要です。この記事では、始めての人でも納得できる成年後見制度の基礎知識についてご紹介します。 今回は、相続人の中に被相続人の方がいて、その被後見人に相続を放棄させたいと思われている方向けの内容です。【事例】Q:私の父が先月亡くなりました。相続人は母と長女である私、長男である弟の3人なのですが、相続の話し合いについてご質問があります。 では、遺産相続と成年後見制度にはどういった関係があるのでしょうか? 成年後見人cさんがいることで、aさんは損益を被る必要がなくなり、自らの財産を守ることができました。これが成年後見人の代表的な職務の1つです。 遺産相続と成年後見制度.