入社1年目の 教科書 概要

岩瀬 大輔『入社1年目の教科書』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 新人向けビジネス書のど定番とも言える、入社一年目の教科書は、必読のおすすめ本です!本書では、入社一年目の新人が身につけておくべき仕事の基本や取り組み方について説明されており、大変勉強になりました。

出典:Amazon. ネットオフ まとめてお得店の入社1年目の教科書/岩瀬大輔:T0011355285ならYahoo!ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。更にお得なPayPay残高も!スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。 新入社員が仕事を進める上で大切な「仕事の3つの原則」と具体的な50の行動指針を1冊に凝縮!

読まれている作品です。 4月は新入学・入社の季節ですね。今回は、この春クレディセゾンに入社する新卒3名が書籍『入社1年目の教科書』をレビューいたしました。新入社員向けの書籍といえば、ビジネスマナーのような本が一般的ではないでしょうか。 新社会人になったけど仕事ができるか不安、準備は一体何をすればいいの?こんな方に『入社1年目の教科書』という本がおすすめです。『入社1年目の教科書』の内容をまとめ、新社会人が準備することをご …
ご存知の方も多いでしょうが、『入社1年目の教科書 ワークブック』(岩瀬大輔著、ダイヤモンド社)の著者はライフネット生命保険株式会社代表取締役社長。2006年に、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げた実績を持つ人物です。そして本書は、2 それがまとめられた1冊の本がコチラ。 「入社1年目の教科書」(岩瀬 大輔:著) 冒頭から「仕事における3つの原則」が紹介されています。 中でも、先輩となった今だからこそ伝えたいのは 原則②「50点で構わないから早く出せ」。 50点は、低いですが(笑) 入社1年目の教科書 外資系コンサルティング会社、米国のベンチャー企業の日本法人、投資ファンド、そしてライフネット生命保険という4社の職場を経験してきた著者だが、組織は変わっても自分の中で変わらない「芯」があったという。 ライフネット生命創業者である岩瀬大輔氏の著書「入社1年目の教科書」の書評です。同書の「目次:50のルール」=「要約」とも言えます。入社1年目の新入社員は勿論、若手社員にも役立つ50の仕事のルール(「遅刻はするな」「単純作業こそ仕組化、ゲーム化」等)が紹介されています。 『入社1年目の教科書』の概要. 入社1年目の教科書 (ダイヤモンド社) [電子書籍]の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!レビュー、Q&A、画像も盛り沢山。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施中。 岩瀬大輔さんによって書かれた大ヒット自己啓発本の一つと言えます。. 社会人1年目の教科書. 2011年に初版が発行されてから. 入社1年目の教科書. 現在は経営者として組織変革コンサルティング等に従事する著者が、マッキンゼーの新人社員が1年目に叩き込まれるという「マッキンゼー流ロジカルシンキング」のエッセンスを解説する一冊です。 2020年現在において46万部という発行部数を誇っております. 2002年より独立し、エグゼクティブ・コーチング、組織変革コンサルティング、チームビルディングやリーダー開発に従事する。著書に『マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書』(sbクリエイ … 入社一年目の教科書 概要 「入社一年目の教科書」はライフネット生命保険を立ち上げた. 岩瀬大輔さんの著書「入社1年目の教科書」 ベストセラービジネス書の1つでご存知の方も多いと思います。 企業の新入社員研修のテキストに採用されたり、 入社前の課題図書、大学でのキャリア学習など様々なところで. 具体的な内容はというと

これは言わずと知れた名著ですね。 実はみしゅ丸は入社前にこの本を購入したのですが、その時は こんな本読む意味あんのかなぁ とか思って途中で読むのを止めてしまいました。 2年目の途中でたまたま見つけて改めて読んだのですが、